タイヤ

木のおもちゃ作りに欠かせないパーツに「タイヤ」があります。
グリップカーなど一つのおもちゃに対して4個つくる必要があるので
なかなか手間です。

そして気を使うのが【中心に穴を開ける】ということです。
ただ、円の中心に印をつけて…なんてやっていたらいつまでたっても終わりません。

そこでナカムラ工房ではこんな感じでやっています。
ボール盤という穴を開ける専用の機械を使用します。

まず加工する材料をのせるテーブルに板を貼り付けます。
そして写真のように平らな穴をあけます(写真は直経20mm)
穴あけ①
テーブルを動かさず(重要!)ドリルビットと言われる穴を開ける先端工具を付け替えます(写真のに)

予めカットしておいたタイヤパーツをにはめ込み・・・
穴あけ②
こんな感じで

穴あけ③
穴を開けます。

穴あけ④
真ん中。オイェー

ただこのやりかたでも、なんにも考えずにスッススッスやってると中心を外れることが多いです。

なぜか。

木の素材は硬いところとやわらかいところがあるから。
ビットの先端がが硬いところに沿って流れちゃうんですね。
だから中心がずれたり穴が斜めになったりします。

機械を使っても大事なのは「手の加減」なのです。


おー。木工家っぽい。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ナカムラ工房

Author:ナカムラ工房
新潟県
1981年生まれ。
おもちゃコンサルタント

かつて保育士として5年間活動。
そこで見てきたことや感じたこと
こうだったらいいのに・・・
そんな思いを木工の力を借りて
発信しています。

長野県上松技術専門校
木材工芸科卒業

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR