スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製品と試作品

トナカイ完成です。
なかなかいい味だしてると思います。


            ↑製品                   ↑試作

違いがおわかりでしょうか?

おしりから後ろ脚にかけてのライン。首から前脚にかけてのラインがシンプルになってますね。
頭から耳にかけてもほぼまっすぐに変更されています。
前脚、おなか、後ろ脚にかけてのラインも。
・・・ほぼ全部でしたね(笑)

ひとつの作品を製作するときに『どこまで手をかけるか』というのがとても悩むところです。

研磨ひとつとっても・・・
どの程度の細かさまで番手を上げていくのか。
複雑な形だった場合、全体を均一に綺麗に研磨できるのか。
手でやりにくい場所については、道具を自作すれば綺麗に研磨できるのか。
時間をかければ綺麗にできるとしてもその分価格に影響してくる。
それでも買っていただけるものなのか・・・

と、いろいろ考えるわけです。

一点ものか、今後も安定して作り続けていくものなのかということも
デザイン、製作法、仕上がりの程度を決めるときのポイントになります。
もちろん作品のコンセプトがその前提にあるのは言うまでもありません。



自分が今できる技術、持っている道具でできることは何なのかも含めて
いろんなバランスを調整して、作品を作り上げる。
そしてそれを喜んでくれる人がいる。

喜んでもらえるのがいちばんです。


Comment

非公開コメント

プロフィール

ナカムラ工房

Author:ナカムラ工房
新潟県
1981年生まれ。
おもちゃコンサルタント

かつて保育士として5年間活動。
そこで見てきたことや感じたこと
こうだったらいいのに・・・
そんな思いを木工の力を借りて
発信しています。

長野県上松技術専門校
木材工芸科卒業

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。