スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろやりました③

いろいろやりましたシリーズ第3回。
夏ごろによく作っていたスプーンです。


柄から先の部分まで角度のないもの、あるもの。
ちょっと大き目のものと様々作ってみました。カツラ、タモ、サクラ、ブラックウォールナットなど
材も様々です。削っているとよくわかりますが、削り心地や匂いがそれぞれ違います。
今はイベント等でのみ販売しています。

いざ作るとなると、口に入る部分の大きさや深さ、柄の長さや角度、厚みなど
「どのくらいがいいんだろう」の連続です。
そうやって作ってみて実際使ってみてわかったことは、よく売られている金属のスプーン・・・

深さ、長さ、角度、厚み。「よく考えられてるな~」と。
思い出してみると、使い勝手も違和感ないですよね。

あと薄くても丈夫です。食洗機にもかけられますし。
「木」という素材の特性上、それは大きな壁なのかもしれません。

でも「木」だからこその良さもやっぱりあると思います。

素材のやわらかさ、あたたかさからの口当たりの良さ。
食器に当たったときの耳に優しい音。
熱いものをすくって、スプーンが唇に当たっても熱くない。

これは金属のスプーンに負けない部分だと思います。



それぞれの素材のそれぞれの良さ。
その日の気分や、生活のシーンに合わせて使い分けるのも楽しいですよね。









Comment

非公開コメント

プロフィール

ナカムラ工房

Author:ナカムラ工房
新潟県
1981年生まれ。
おもちゃコンサルタント

かつて保育士として5年間活動。
そこで見てきたことや感じたこと
こうだったらいいのに・・・
そんな思いを木工の力を借りて
発信しています。

長野県上松技術専門校
木材工芸科卒業

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。