スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色  遊ぶ環境を整える その②

今回は「色」についてです。

お子さんが遊ぶ場所。家の中だとフローリング、畳が主だと思います。
そこにちょっとしたラグだったりマットを敷いて、その上で遊ぶこともあるでしょう。
それを敷くことで「遊ぶ場所」と認識できるという効果もあります。

そこでそのラグ、マットの色です。
僕がいいなと思うのは単色で落ち着いたトーンの物です。

保育士時代に気づいたことですが黄色ベースでアニメのキャラクターが
たくさん描いてあるマットを敷いていたときと、
落ち着いたトーンのベージュっぽいマットを敷いていたときの、子どもたちの様子に違いがありました。

まず、おもちゃでつまづいて転ぶことがグッと減りました。
それはおもちゃの存在がよく見えるようになったから、ということが関係していると思います。

そして以前よりも、おもちゃでしっかり遊んでいる場面を見ることが増えたと感じました。

それは子どもの目を引きやすいキャラクターが描かれていないということと
落ち着いた色で、おもちゃが目につきやすくなったということが関係しているんだと僕は考えています。


ということから、僕は単色で落ち着いたトーンのものがいいなと思っている訳です。


「なんでおもちゃで遊ばないんだろ?」と思うことがあったときに、そういえば・・・と
ちょこっと思い出して参考にしてもらえたら嬉しいです。

おもちゃと遊び。今後また別の角度で書いてみたいと思います。

今回はこんな感じで。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ナカムラ工房

Author:ナカムラ工房
新潟県
1981年生まれ。
おもちゃコンサルタント

かつて保育士として5年間活動。
そこで見てきたことや感じたこと
こうだったらいいのに・・・
そんな思いを木工の力を借りて
発信しています。

長野県上松技術専門校
木材工芸科卒業

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。